Loading

お知らせ/院長コラム

”過活動膀胱”に関して気になる症状/症例のページに加筆しました

過活動膀胱 (OAB: Overactive Bladder)

過活動膀胱は40歳以上の男女のおよそ14.1%が罹患しているとされている疾患です。症状は尿意切迫感が必須症状で、他にも頻尿(何回もトイレに行く)や切迫性尿失禁(急に強い尿意が起こってトイレまで間に合わずに尿がもれる)などの症状があります。治療薬には抗コリン剤やβ3受容体作動薬などがあります。過活動膀胱の診断や治療効果の確認のためには超音波検査や尿流量検査などを行います。(尿流量検査の仕方に関してはこのホームペ-ジ内の”ようこそ三浦クリニックへ”のページでYou Tubeの画像が見ることができます。)

 

過活動膀胱に関しては院長も60歳をなってから頻尿や尿意切迫感で日常に支障をきたすようになり、β3受容体作動薬のひとつであるベタニスの服用を開始後徐々に改善してきております。尿流量検査を用いた膀胱容量の9カ月後の改善は写真に示すように134.5ml→222.9mlでした。

現在のコロナワクチンの接種可能な曜日に関して

ニッチの粘土細工が新しくなりました

関連記事

  1. ニッチの粘土細工が新しくなりました

    2022.03.18
  2. コロナワクチン接種3回目の予約状況

    2022.01.19
  3. ニッチの粘土細工が新しくなりました

    2022.02.18
  4. ニッチの粘土細工が新しくなりました

    2022.01.01
  5. 現在のニッチの粘土細工です

    2021.12.20
  6. ニッチの粘土細工が新しくなりました

    2022.04.16

柏原市の泌尿器科 三浦クリニック

〒582-0025
大阪府柏原市国分西1-4-47 畑本ビル1F
TEL: 072-945-5055 FAX: 072-945-7077

柏原市の泌尿器科 三浦クリニック

お知らせ/院長コラム

尿流量測定装置(音声付)

PAGE TOP